信州スポーツスタジアム

  あの「X」が戻ってきた!!!

2013-2014シーズンに大活躍したギブソン選手が復帰!ⓒSHINSHU BRAVE WARRIORS / bj-league

残念ながら退団となったクロケット選手ⓒSHINSHU BRAVE WARRIORS / bj-league

10月に信州ブレイブウォリアーズの5年目のシーズンが開幕しました。開幕からウォリアーズは調子をあげることができず、4勝6敗で東地区の9位(11月10日現在)と振るいません。そんなウォリアーズに救世主がやってきました!

初開催の安曇野市穂高総合体育館で行われる岩手ビッグブルズ戦は、初戦が快勝!連勝を狙った2日目にまさかの敗戦を喫する悔しい展開となりました。というのも、外国籍選手の柱に据えていたセンターのマーカス・クザン選手が接触による怪我で欠場となったのです。そして不運が重なります。調子をあげてきたジェイ・クロケット選手までもが怪我でコートを離れる場面が。怪我の容体が心配されました。

翌週、トレーナーとドクターによる診断が行われ、クロケット選手は早期復帰の目処が立たない重症との診断がおり、泣く泣く、契約満了の運びとなりました。日本人選手以上に真面目で練習熱心。練習の片付けも厭わず、いつも笑顔で、日本語を一生懸命学んでいたクロケット選手。また怪我をした後も出場を続ける献身的プレイは、ブースターやチームメイトの心に焼き付いています。「怪我が完治したら日本に、ウォリアーズに帰ってきてね!」選手たちみんなでそう声をかけ、クロケット選手を送り出しました。

チームの危機は続きます。クザン選手は重症ではないものの、しばらく戦線を離れることとなり、翌週の試合には欠場。アウェイの横浜戦は痛恨の2連敗となりました。

ただ、ここからウォリアーズは意地を見せます。ベテランのマイク・ベル選手が少ない外国籍選手の穴を埋める大活躍!フル出場を続ける奮闘ぶりで、チームを鼓舞します。誰もが連敗確実と思っていた首位新潟とのアウェイ戦。新潟の強烈なオフェンスを徹底したディフェンスでしのぐウォリアーズ。何度も食らいつき、同点のまま4Qが終了。勝負は延長戦(オーバータイム)へともつれこみます。5分間の延長でも決着がつかず、再度5分間の延長となった残り数秒。ウォリアーズ1点のビハインド。ボールを奪ったウォリアーズ。ブザーが鳴ると同時に、ベル選手がレイアップシュート!見事にゴールを決め、土壇場の大逆転勝利を収めました!

「本当にハードなゲームとなったけど、試合前にチーム一丸となって戦おうと言っていたので、勝利をつかむことができた」試合後、そう謙虚にベル選手は語りました。

翌日は疲れもあり、敗戦となりましたが、大きな一勝をもぎ取ることができました。

そして・・・ついにビッグニュースが飛び込んできました!2季ぶりに、あのプレイオフ進出時のメンバー「エグゼビア・ギブソン」選手の入団が決定しました!「X(エックス)」の愛称で親しまれ、チームをプレイオフへけん引したNBA経験のあるプレイヤー!今週末は強豪秋田戦ですが、「X」がいれば百人力!またチーム一丸となり、戦います!ブースター待望のXと共に勝利を掴む!

※詳しい試合日程は、公式ホームページをご確認ください。 www.b-warriors.net

2015年11月11日



チームトップへ

【信州ブレイブウォリアーズ】バックナンバー


楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ