信州スポーツスタジアム

  コンディショニングコーチの片田敬太郎です。

片田敬太郎コンディショニングコーチ

選手の状態を見ながら、ケアをする片田コーチ

石川ミリオンスターズ、横浜DeNAでコンディショニングを担当してきました。
今シーズンは、信濃グランセローズのコンディショニングコーチとしてお世話になっています。
コンディショニングコーチとは、一体何をしているのかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、その名のとおり選手のコンディションを整えることです。

中野での練習日はもちろん、試合当日も練習前のウオーミングアップの指導などですが、メインとなるのは、怪我をした選手のケア。「肩や肘が痛い」「足が張る」といった軽い症状の選手から、捻挫の後や手術した選手のリハビリなど選手ごとに症状もそれぞれです。選手の状態を見ながら個々のメニューを作り、その都度対応をしています。

夏場、特にホームゲームの時は練習から試合で一人約3リットル計100リットルと昨年お倍の水分補給をさせ、選手には特に尿の色、量に注意しろと伝えてあります。
これから、後期の後半戦。大事な試合も多くなります。そして雨の振替え試合も入ってきてスケジュールが非常にタイトになります。特にピッチャーは厳しいでしょう。
大事なのは、投げた後ではなく投げる前の準備。
もちろん、投球数などありますが準備次第で中三日、中四日でも大丈夫なのです。
NPBの優秀な選手たちは、自分自身で怪我をしない身体作りをしています。そして、普段の生活、特に食事管理もしっかりとケアをしています。
信濃の選手にも食事、身体を休めること、睡眠など日ごろから口うるさく自己管理の大切さを説いていますが、選手自身が怪我をしないように身体を気遣うようになるのが理想であり、私の役目です。

前期は、怪我や調整不足の選手が多くいましたが、今のグランセローズの選手には、怪我をしている選手はいません。
選手のコンデョションが上がってきているのと同様に、チームの成績も上がっているのです。
グランセローズ選手の全力でのプレー、声だし、パフォーマンスの良さを球場に見に来てください。
そして選手たちに熱い声援をよろしくおねがいします。

2014年8月17日



チームトップへ

【信濃グランセローズ】バックナンバー


楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ