信州スポーツスタジアム

  ここが正念場

ゴールデンウィークの連戦にも多くの緑の仲間が集結してくれた © 松本山雅FC

連戦ではチーム全体の力が重要 © 松本山雅FC

 今シーズン初めての連戦を終えて少し時間が経った。

 このゴールデンウィークの連戦を1勝1分1敗で終えた我々だが、正直、もっと勝ち点を積み上げなければいけないと私は感じている。例年ゴールデンウィークの連戦後には順位が明確化してくることが多いが、今年は近年まれにみる大混戦状態で、首位からあまり勝ち点差がない中に多くのチームがひしめいている。だからこそこの団子状態の順位から一歩抜け出すためにも、勝ち点を積み上げておきたかった。一方、上位のチームも足踏み状態が続いていて、勝ち点であまり離されていないことは、ポジティブに捉えていいところでもある。現状は首位との勝ち点差は6である。これ以上差を広げられると非常に厳しい闘いになることも事実だ。

 そして、今週末の町田ゼルビア戦から今シーズン二度目の連戦に入る。しかも町田戦のあとは中3日でアウェイの山形戦、そしてまた中3日で強豪の湘南戦が控えている。長距離移動と昇格を争う最大のライバルとの闘いがあるのだ。この“2回目の連戦”をどう乗り切るか。ここが今シーズンを占う最初の正念場になりそうだ。

 幸運にも我々はこの連戦の最初の試合である町田戦と湘南戦をホームで闘うことができる。これは大きなアドバンテージであるし、ホームで勝つことで勢いにも乗れる。そんな意味からしても今週末の町田戦は非常に重要な試合になる。ゴールデンウィークの連戦での疲労をしっかりとり、最高のコンデションでこの試合に臨みたい。

 一番大きいのは、メンタル力、要は気持ちだと思う。ホームで2試合できるということは、山雅の最も強い味方である “12番目の選手”と共に闘うことができるということを意味する。こんなにも気持ちが鼓舞されることはない。そして新たな気持ちでこの正念場を乗り切っていきたい。この正念場を乗り切れば、また新たな力を付けた松本山雅FCに会えるはずだ。
 
筆・片山真人

2017年5月10日



チームトップへ

【松本山雅】バックナンバー


楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
今日の運勢
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
パズル
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ