あの店この店=「カレー屋 さんかく」 | 信毎読者サイト なーのちゃんクラブ      
お店情報

あの店この店=「カレー屋 さんかく」

骨付きもも肉が迫力満点のバターチキンカレー。テークアウトもできる
骨付きもも肉が迫力満点のバターチキンカレー。テークアウトもできる

 通りから一本入った路地沿いに昨年11月にオープン。山小屋を思わせるウッディーな店内で、食材のうま味とスパイスが調和した、この店ならではのカレーがいただける。
 オーナーの畑中昌浩さんは、愛着のある地元産の食材を用い、素材の味を生かすことをモットーに丁寧に調理。自家栽培の野菜もふんだんに使い、体に優しいカレーを提供している。
 カレーは4~5種類。「バターチキン」(1200円)「ビーフ」(1000円)などの定番のほか、季節感たっぷりの期間限定カレーも。今月は、甘さを増した地元産ちぢみホウレン草とうま味たっぷりの広島産カキのカレー(1200円)。
 全品に付くサラダにも、きちんとした仕事が感じられ、美しい盛り付けが食欲をそそる。信州ジビエマイスターでもある畑中さんならではのジビエカレーも、来月お目見えの予定だ。

■住所:佐久市中込3166-3 鈴木ビルA
■電話:0267・77・7752
■営業時間:午前11時半~午後2時ラストオーダー
■定休日:水曜日
■駐車場:あり

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2022年2月17日号掲載)。

住所 佐久市中込3166-3 鈴木ビルA
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2022年02月17日