あの店この店=「揚羽屋(あげはや)」 | 信毎読者サイト なーのちゃんクラブ      
お店情報

あの店この店=「揚羽屋(あげはや)」

▲ソースかつ膳のレギュラー(1150円)
▲ソースかつ膳のレギュラー(1150円)
▲スパイスの香りと野菜のうま味をぎゅっと凝縮した「スパイスカレーセット」(1300円)
▲スパイスの香りと野菜のうま味をぎゅっと凝縮した「スパイスカレーセット」(1300円)

 文豪・島崎藤村ゆかりの「一膳めしや」として知られる「揚羽屋」が、昨年10月にリニューアルオープンした。
 明治創業の歴史ある店舗に、5年ぶりに新たな灯をともしたのは、神奈川県から移住した竹尾智菜美(ちなみ)さん。和モダンな店内で、信州ポークのかつやスパイスカレーなどを提供。建物内に宿も併設した。
 お薦めは、甘辛いソースが食欲をそそる「ソースかつ膳」(800円~。自家製デザートと飲み物が付くセットが1200円~)。肉のボリュームによって「スーパー」「レギュラー」「ミニ」の3サイズから選べ、テークアウトもできる。
信州ポークのほかにも、夫・茂樹さんが同市糠地で栽培した野菜や、市内産の米など、地元食材を多く使っている。

■住所:小諸市大手町1-3-17
■電話:0267・31・5593
■営業時間:午前11時~午後1時45分ラストオーダー *夜は予約制
■定休日:火曜日 *1月4日まで正月休み 
■駐車場:2台

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2022年1月1日号掲載)。

住所 小諸市大手町1-3-17
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2022年01月01日