お店情報

お気に入り!このお店 信州銘醸株式会社

 9月9日は県内の蔵元から日本酒の「ひやおろし」が販売開始となる日です。
 信州銘醸(株)でも、長和町の名水「黒耀水」を仕込み水に使った特別純米酒「黒耀」(300ml509円~)などで「ひやおろし」を用意しています(「ひやおろし」は春に一度火入れをしてひと夏貯蔵するため、熟成されてまろやかな味わいになるそう)。
「黒耀水は超軟水。いいお米を使い、素材の旨みをストレートに出してくれます」と社長の滝澤恭次さん。「一般的に純米酒はどっしりとした味わいが多いですが、『黒耀』は喉ごしがよくキレ味もある。刺し身や焼き鳥なら塩など、素材のうまさで食べさせる料理に合うと思います」。
 新酒鑑評会などで毎年のように高い評価を得ている同社は、塩川、石井など周辺の6つの酒蔵によって昭和33年に法人設立(最も古い酒蔵は江戸時代後期の創業)。当時の国の企業合同の施策にのっとり、「近代化資金」を利用した第1号だったそうです。
 同社の柱である「喜久盛」は、「合併でみんな集まって、〝喜びを久しく〟、酒盛りを、といった意味でしょう」。
 長く愛されてきた手ごろな価格のお酒のほか、杜氏と若手職人双方の技や研究から醸された「瀧澤」、大吟醸の貯蔵酒など意欲的なお酒も多くあります。
 売店などは設けていないため、事務室で希望のお酒を販売する方式。受注後にボトリングするお酒もあるため、手元にない場合は近くの販売店を紹介しています。贈答用などの包装も可(有料)。全国発送も行っています。

■住所:上田市長瀬2999-1
■電話:0268-35-0046
■販売時間:平日8・00~17・00

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2021年9月4日号掲載)。

住所 上田市長瀬2999-1
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2021年09月04日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉