お店情報

お気に入り!このお店 高級食パン専門店 太郎吉パン

 太郎吉パンは今春「ささや」内にオープンし、ふんわりもちっと生食パン972円(2斤/1本)は大きな評判を呼びました。厳選した材料で生地と対話するように大切に焼き上げた食パンは、耳まで柔らかでリッチな食べ心地。朝食トーストパン756円(同)は、焼くとサクっと軽く、中はもちっとしています。
 ささやではコロナ禍のなか地域の人は何を求めているのかを改めて考え、より身近で健やかな暮らしを願って同店をオープン。店名は、東御市出身の江戸時代の名力士・雷電為右衛門の幼名から名づけられました。
 パン職人で店長の青木直美さんは、「配合や製法が決まるまでは、試行錯誤の連続でした」。手のかかる生地ですが、「最後は自分の目と感覚」を頼りに焼き上げています。
 先月、ファン待望のサンドイッチが登場。開発にはささやのシェフも加わったコラボ商品で、朝食トーストパンを使用し味もボリュームも納得のサンドができました。
 信州ポークカツサンド、サーモンフライサンド(各594円、イートイン605円)、あんバタサンド(クリームチーズと生クリームを合わせたクリーム入り)486円・495円など5種類あり、早い時間に売り切れることも。
 イートインではトースト(牛乳/キャラメル、紅ほっぺジャムほか)各370円や、ささや特製のスープ(378円・385円)、ランチセットやおやつセットなども。
 食パンやサンドは電話で予約できます。満を持して、季節のフルーツサンドもそろそろ登場かも?

■住所:上田市中央2-15-12 ささや1階
■電話:0268-22-0020
■営業時間:10・00~18・00、ランチ11・00~15・00(完売次第終了)
■休日:(水)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2021年7月10日号掲載)。

住所 上田市中央2-15-12 ささや1階
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2021年07月10日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉