お店情報

お気に入り!このお店 上田製パン しんぺる

 「会社としては80年ほどですが、祖父はその前からパン屋をやっていたそうです」と、しんぺるの滝沢幸三さん。街に溶け込んだ気取らないパン屋さんで、現在は滝沢さんと四代目になる息子の均さんのふたりを中心に、毎日80種類ほどのパンを用意しています。
 人気は、トングで取るとつい「重い!」と声が出る、極上薄皮こしあんぱん130円(いずれも取材時の値段)。自社で煮上げたツヤのあるこしあんが、たっぷり包まれています。
 高校での販売も多いため、オニオンブレッドやイタリアンブレッド各170円などの惣菜パンは、具がたっぷりめ。学業と班活などに頑張る学生を応援したいという気持ちからです。
 パンの中央にクリームと缶みかん入りのみかんパン170円は、秋から春までの限定品。40歳ぐらいの人も「高校のころよく食べた。懐かしい」と買って行くそう。
 朝焼き上がったパンにクリームをサンドしたもの(レアチーズ160円ほか)は、パンがやわらか。社長のマドレーヌ140円はどっしりとした味わいです。
 パン生地はすべて店で仕込んでいます。粉の状態やその日の気温・湿度により調整。「生地の色やハリ、柔らかさなどを見て、さわって判断。最高の状態で窯に入れて、ベストのものを作るためです」と滝沢さん。
 パンの取り置き・予約なども電話で受けています。
 近くを通る別所線の上田橋梁開通を記念して、市内レストラン「べんがる」とコラボした、ヘルシーな焼きカレーパンも新発売。ぜひ試してください。

■住所:上田市諏訪形1335-1
■電話:0268-22-0640
■営業時間:9・00~18・00、(土)9・00~パン終了まで
■休日:(日)(祝)と第一(土)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2021年4月10日号掲載)。

住所 上田市諏訪形1335-1
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2021年04月10日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉