お店情報

お気に入り!このお店 地酒屋 宮島

お正月に家族みんなでゆっくり味わうなら、心をこめて醸された信州の地酒。地酒屋宮島なら、飲みたい県内のお酒が手に入ります。
17年に改装していますが、入り口には「NAGANO SAKE ONLY」とあり、「〝長野県の地酒しか売りません〟という覚悟です」と代表の宮島国彦さん。玄関は「真田の赤備え」の赤色で、壁にはお勧めの日本酒10銘柄を表示しています。
店内は常温のお酒が棚に、冷蔵保存のお酒は冷蔵庫に。品質保持で紫外線を避けるため、外光を遮断し照明も控えめ(冷蔵庫の照明も切っています)。
日本酒は対話商品と位置づけ、「お好みやよく飲む温度帯」などを聞き、会話のなかからその人に最適な1本を勧めています。お遣い物なら「用途をお聞きして、お祝いなら鶴と亀の名がつくお酒をセットにするなど、提案しています」。
よく「このお酒はどんな料理に合いますか」という質問を受けるそうですが、「日本酒はお米でできていますから、炊き立てのご飯に合うものなら全部合いますよ、とお話しています」。
年の初めは長野市信州新町・尾澤酒造場「十九」の、同店オリジナル丑年の干支純米酒(1.8リットル3000円・税別)。ドライの白ワインが好きな人にお勧めだそう。
ワインや焼酎もそろっていますが、「ことに上小地区ではワイナリーが増えてきて、今後期待ができます」と話していました。
配達は真田町内のみ。

■住所:上田市真田町長5913-1
■電話:0268-72-4039
■営業時間:9・00~19・00(1月より火曜日定休、祝日と連休明けの火曜日は営業)
■休日:31日(木)は~18・00、1月1日(祝)休業、 2日(土)・3日(日)は10・00~18・00(詳しくは同店ホームページで)

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2020年12月26日号掲載)。

住所 上田市真田町長5913-1
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2020年12月26日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉