お店情報

あの店この店=「珈琲談話室(コーヒーだんわしつ) まる」

▲濃厚かつ口どけの良い「自家製バスクチーズケーキ」(400円)もお薦め
▲濃厚かつ口どけの良い「自家製バスクチーズケーキ」(400円)もお薦め
▲エスプレッソ
▲エスプレッソ

 イタリアのラ・マルゾッコ社のマシーンで入れるエスプレッソ(350円)をはじめ、自家焙煎(ばいせん)コーヒー(4種、各400円)、ドイツの老舗「ロンネフェルト」社の紅茶やハーブティー(12種、各400円。ポットサービスは500円)など、飲み物を中心にそろえている。飲み物はテークアウトもできる(各50円引き)。
 覚えやすく、軟らかな響きの店名「まる」は句点(。)の意味。室長の先光 利家(さきみつ よりいえ)さんは、1日の中の区切りや、一息入れる時間を過ごしてほしいーとの思いを込めた。
 以前、鳥取県のカフェで働いていたことから、同県のほうじ茶やお隣、島根県の甘酒などを使っているのも特徴だ。*値段は税込み

■住所:佐久市八幡991-1
■電話:0267・88・6618
■営業時間:午前8時~午後7時半ラストオーダー
■定休日:不定(月に1日程度)
■駐車場:あり *隣の食堂「くまさん」の駐車場も利用可

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2020年4月30日号掲載)。

住所 佐久市八幡991-1
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2020年04月30日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉