お店情報

お気に入り!このお店 ふるさとの味便り 木村屋

 木村屋は戦後にお菓子屋さんを始め、店主の竹内健治さんは二代目。どら焼きがおいしいと、地域でも評判のお店です。
 どら焼き120円は、あずきやあんバタなどのほかバタークリーム、抹茶、洋風の味わいのキャラメルクリーム、リンゴ、アプリコットなど14種類ほどあります。詰め合わせにするとお遣い物としても重宝で、世代を問わず人気があります。
 あんこと生クリーム、ピーナッツクリームの生どら焼き(各180円)は最近の人気商品。もうひとつ、発売したばかりの甘酒餡味噌饅頭120円も好評です。
 一見ごく素朴なまんじゅうですが、皮の茶色は地元望月地区の雁食い味噌によるもので、中身の白あんは甘酒入り。大振りなところもうれしく、軽い風味です。「地区の特産品を使って、望月らしい、よそにはない菓子を作りたいと思っています」と竹内さん。
 和菓子の木型や望月を詠んだ和歌を記した札を展示するなど、竹内さんは「望月まちづくり研究会」の中心メンバーとして地域づくりにも長年取り組んできました。「地域の居場所のひとつになれば」と、先ごろ20数年ぶりに喫茶室を復活させました。
 和菓子屋さんですから、お勧めはおしるこ600円。コーヒー350円で、お店のお菓子とともにおやつタイムに。フラワーアレンジメントの集まりで使われたり、仲間うちのライブを行うこともあるそうです。
 近くの望月歴史民俗資料館の「郷土のひな人形展」を見て、ランチは望月名物の駒月みそかつ丼、おやつとお土産は同店でどうぞ。

■住所:佐久市望月106-6
■電話:0267-53-2110
■営業時間:9・00~18・00
■休日:(水)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2020年2月29日号掲載)。

住所 佐久市望月106-6
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2020年02月29日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉