お店情報

お気に入り!このお店 丸木屋

 取材は夕方近い時間でしたが、丸木屋の店内はしょうゆのいい香り! 「朝から仕込んだちゃーしゅーが煮上がったところです」と店主の横関輝佳さん。
 国産小麦を使った麺、中華そばのしょうゆだれも自家製。現在地で12年、妻のかおりさんとともに「すべてに気持ちが入った仕事をしていきたい」と話します。
 中華そば750円はまさしく〝中華そば〟というたたずまい、バランスがよくエッジの立った風味です。もちろん、ちゃーしゅー麺1000円も人気で、なかにはさらにトッピングでちゃーしゅー300円を、という人もいるそう。
 麺そのもののおいしさを味わうなら、つけ麺950円。気持ちよく喉を通ります。
 きまぐれ950円は「お客さんに飽きられないよう、メニューにない味を」と、塩味や味噌味など期間限定で出しているもの。取材時は奏龍味噌溜まりで、これは「いわば透き通った味噌らーめん」(しっかりとした味の形があり、途中で奏龍味噌を溶かすとさらに味がふくらみ、クリアな食べ口に感動しました)。
 もともと洋食出身の横関さんが「中華そばは丼一杯の真剣勝負。自分の性分に合っている(笑)」とお店を始めて22年。
 しかし麺もスープも理想とするゴールは「まだまだ」(つまり目指すおいしさは発展途上)、「中華そばは奥が深い。難しいし、だからこそ面白い。毎日が一生懸命、修業です」。

■住所:上田市上田原742-7
■電話:0268-26-7670
■営業時間:11・30~14・30、17・00~20・00(ラストオーダー19・50、ただし売り切れ次第閉店)
■休日:(火)の夜と(水)定休 *月に1~2回(火)休業。店内掲示のほかフェイスブックで確認できます。

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2019年4月27日号掲載)。

住所 上田市上田原742-7
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2019年04月27日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉