お店情報

お気に入り!このお店 手打らーめん かじかや

 やっぱりかじかやの麺はおいしい。国産小麦の手打ちの麺はやや太めでよりがかかっています。ちゅるっとして心地いいコシが感じられ、喉を通ります。卵を使っていないので、卵アレルギーがあっても「ここのラーメンなら食べられる」と通う人もいるそう。
 ベースのスープは魚介と鶏がらのWスープ。一番人気はチャーシューメン750円で、国産豚の肩ロースのチャーシューは肉そのものに旨味があります。つけめん・しょうゆベース800円のつけ汁もあっさりした味わいで、1.5玉分の麺が飽きずに食べられます。
 開店して20年で、店の主は児玉茂さんから息子の篤人さんにバトンタッチ。「お陰様で20年、感謝の気持ちをこめて今年はイベントを考えています」。
 第一弾はゴールデンウィークの「武石おさんぽギャラリー」とコラボして、4月28日(日)夜に演奏会などを予定。ほか年内に何回かイベントを計画しています。
 麺は武石のおいしい水を使って毎晩打ち、2日間寝かせます。スープは朝5時から仕込み、「大変ですが、ラーメンが好きだしお客さんに喜んでもらうのがうれしい。これからも一人ひとりのお客さんを大切にしていきたいです」と篤人さん。
 人気店で混み合うことも多く、開店直後か13時過ぎがお勧め。(金)(土)は夜も営業していますが、麺が終われば閉店なので電話確認を。
 平日夜は予約で営業。昼のピークを外した時間なら、まとまった人数の予約も受けられる場合があります。

■住所:上田市下武石1834-2
■電話:0268-85-3322
■営業時間:11・30~13・30(麺が終わり次第閉店) (金)(土)17・30~20・00(19・30ラストオーダー)
■休日:不定休(月1~2回休業)

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2019年1月26日号掲載)。

住所 上田市下武石1834-2
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2019年01月26日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉