お店情報

お気に入り!このお店 蕎麦処 科野

 科野のそばは、浅間山麓や蓼科地域など県内の高地で栽培されたそば粉を使った、食べやすい二八そば。店主の緑川誠志さんが毎朝5時半に店に来て打っています。
 もりそば590円は冬でも氷水できりっと締めます。「信州ではそばは主食、たっぷりと」と、普通盛りでも量は多めですが、小盛りや大盛りもできます。つゆは厳選した材料で仕込み、添加物などは使用していません。
 天ぷらや天丼もおいしいと評判で、野菜天ぷらやかき揚げが付いた科野セット750円は、お昼に通う人の定番。もっとボリュームがほしい人には、そばと海老天丼のセット980円がお勧め。
 大河ドラマ「真田丸」の折に始めた赤備えセット980円は、もりそばと特製のかき揚げ「赤備え」のセット。野菜に干し赤エビ、くるみ入りで、ちくわの六文銭の周囲にはさらに赤エビをたっぷり(単品480円)。くるみの歯ざわりと風味がアクセントで、人気があります。
 よくわかるようにとメニューは写真付き。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」のあいさつも気持ちがよく、活気があります。空いている時間帯なら、初めて来て大盛りを注文した人には「中盛りにして、足りなかったら途中でゆでますよ」という対応も。「自分がお客さんだったら〝うれしいな〟〝親切だな〟って思えることをやるだけ」と話していました。
 年越しそばは30日(日)の15・00まで受け付け(2人前~、店内で用紙に記入)で、31日(月)にお渡し。31日はそばが終わり次第閉店。1月1日(祝)~3日(木)まで休業。

■住所:上田市芳田1513-1あやめの里ショッピングパーク内
■電話:0268-36-0870
■営業時間:11・00~15・00
■休日:(水)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2018年12月22日号掲載)。

住所 上田市芳田1513-1あやめの里ショッピングパーク内
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2018年12月22日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉