お店情報

あの店この店=「文蔵BLACK(ぶんぞうブラック)」

豚骨醤油ら~めん
豚骨醤油ら~めん

 今でこそ、佐久地域で豚骨ラーメンは珍しくないが、もともとこの地域に豚骨ラーメンを食べる食文化はほとんどなかった。その佐久地域に「豚骨醤油(しょうゆ)」を根付かせたのが佐久市岩村田の「麺匠文蔵」。「文蔵BLACK」は、その2号店になる。
 「豚骨醤油」に並々ならぬこだわりを持つオーナーの真山久貴さんが、試行錯誤を繰り返しながら誕生させた豚骨スープ。豚骨のコクをしっかり出した、「これぞ、豚骨」のこってりとした濃い味わいを、真山さんは「ド豚骨」と称する。定番の「豚骨醤油ら〜めん」は730円。味の安定とスープづくりの命ともいえる上質な水を求め、昨年、市内にセントラルキッチンを開設した。スープや具材などを仕込み、グループ各店へ配送している。
 サイドメニューの「半炒飯」(250円)は、軽い口当たりで、こってりめのラーメンとの相性がいい。「豚骨醤油」とセットにした「豚(とん)ちゃんラーメン」なら、1000円以下でボリュームたっぷり。

■住所:佐久市小田井703-1
■電話:0267・68・8123
■営業時間:午前11時半〜午後2時半、午後5時半〜9時半
■定休日:水曜日
■駐車場:あり

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2018年1月18日号掲載)。

住所 佐久市小田井703-1
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2018年01月18日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉