お店情報

あの店この店=「茶菓 幾右衛門(いくえもん)」

モンブランパフェ。トッピングは、食感が楽しいチョコレートと栗の形のもなか
モンブランパフェ。トッピングは、食感が楽しいチョコレートと栗の形のもなか
モンブランソフト
モンブランソフト

 栗菓子の老舗「桜井甘精堂」(小布施町)が、しなの鉄道軽井沢駅・旧駅舎内に10月にオープンしたカフェ。同駅舎の雰囲気と調和した木をふんだんに使ったクラシカルな店内は、席の配置もゆったり。自慢の栗スイーツをゆっくりと味わえる。
 イチオシは軽井沢店限定メニューの「モンブランパフェ」(650円)。ケーキに使われているものと同じモンブランペーストの下には、牛乳寒天やキャラメリーゼしたナッツ、バニラアイスクリーム、タルト生地が層になり、さまざまな食感、味わいが楽しめる。和テイストの栗あんみつ(550円)や、栗あんのソフトクリームの上にモンブランペーストをたっぷりトッピングしたリッチな「モンブランソフト」(400円)も人気がある。テークアウトもできる。
 店内入り口脇では、栗菓子など販売。スイーツの弁当箱のようなかわいらしい詰め合わせ「遊栗箱(ゆぐりばこ)」(1200円。土・日曜、祝日のみ数量限定で販売)は、お土産にお薦め。

■住所:軽井沢町軽井沢1178-1246 しなの鉄道軽井沢駅・旧駅舎内
■電話:0267・42・9966
■営業時間:午前10時〜午後6時半(カフェのラストオーダーは6時)
■定休日:無し *12月30日〜元日は休み
■駐車場:無し

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2017年12月28日号掲載)。

住所 軽井沢町軽井沢1178-1246 しなの鉄道軽井沢駅・旧駅舎内
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2017年12月28日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉