お店情報

あの店この店=「シフォンケーキ工房 ふわり。」

プレーン(ホールで2000円)
プレーン(ホールで2000円)
(手前左から時計回りに)秋冬限定の「さつまいも」と「かぼちゃ」、定番の「抹茶」「プレーン」「紅茶」。各250円
(手前左から時計回りに)秋冬限定の「さつまいも」と「かぼちゃ」、定番の「抹茶」「プレーン」「紅茶」。各250円

 静かな住宅街にある自宅に併設して開店し、間もなく丸2年になる。パティシエの岩本広樹さんと、母親の智子さんが切り盛りしている。
 広樹さんが作るシフォンケーキは、小麦粉に代えて国産の米粉を使用。小麦粉アレルギーの祖父でも食べられるケーキを作りたい、と思ったのが、きっかけだという。ほかにも油は米油、甘味はてん菜糖、卵は餌にこだわる地元養鶏場のものにするなど、原料を厳選。食品添加物のベーキングパウダーは入れず、しっかりと泡立てた卵白の力で、ふんわり、もっちりとした食感に仕上げている。
 店では3〜4種類のカットシフォンを販売(250円〜)。ホールで欲しい場合は、2日前までに予約が必要。カットシフォンも、事前に電話を入れれば、豊富なラインナップの中から注文できる。インターネットでの通販もしている。

■住所:東御市和1575-1
■電話:0268・62・2569
■営業時間:午前11時〜午後6時 *売り切れ次第閉店
■定休日:木・金曜日 *イベントの出店などで臨時休業あり
■駐車場:4台
■HP:http://fuwari-chiffon.com/

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2017年11月16日号掲載)。

掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2017年11月16日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉