お店情報

お気に入り!このお店 そば処 いちや

 住宅街にあるいちや、本紙「百菜チューボー」を連載する牧野隆彦さんが切り盛りするお店です。
 ふたりで来店し最初にそばがき900円(税別)をひとつ、そばはそれぞれ好みのものを、という注文が多いそう。
 そばがきは練ってまとめた跡も景色のひとつ、わさびとねぎを薬味にしょうゆをつけて食べます。現在使っているそば粉は北海道産や群馬県産で、こまめに仕入れているとのこと。
 ざるそば800円の薬味は大根おろしとねぎ。大根は時季なら地元の山口大根や上田みどり大根をおろして添えています。これは「上田の大根がおいしいから」で、上田ならではのそばの味わいが楽しめます。
 ねぎが驚くほど細く切られているのは「趣味(笑)」と牧野さん。歯ざわりや食べ口を考えてのことで、細部までこだわった仕事ぶりです。
 一品料理にも手をかけていて、漬け物500円や焼き味噌400円の味噌も自家製。冷奴300円の薬味も時季のものを使っており、春はふき味噌、初夏は梅と姫皮なども。メニューに天ぷらはありませんが、食べたい場合は前日までに予約を。
 宴会は、地元産の野菜中心の創作料理のコース「いちや膳」が人気で、夜は3000円~、椀ものを組み入れています。昼は料理3品にそばで1600円~(5日前までに予約を)。料理だけでなく、〝器の使い方や盛り付けも参考になる〟と言う人も。
 ひとりで切り回すお店のため、「大勢の来店は、あらかじめ電話をいただけると助かります」とのことです。

■住所:上田市住吉1160
■電話:0268-25-1841
■営業時間:11・30~14・00ごろ
■休日:(水)定休
※夜は予約営業

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2017年7月8日号掲載)。

住所 上田市住吉1160
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2017年07月08日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉