お店情報

あの店この店=「きのこ茂来(もらい)」

原木マイタケ。ホイル焼き、てんぷら、ご飯、炒め物など、何でも美味
原木マイタケ。ホイル焼き、てんぷら、ご飯、炒め物など、何でも美味
天日干しの乾燥マイタケ。戻して、きんぴらなどに。戻し汁はスープに
天日干しの乾燥マイタケ。戻して、きんぴらなどに。戻し汁はスープに

 「風味、香り、食感。一度食べた方は『ほかのマイタケに戻れない』とおっしゃいます」と代表の池田奈津子さん。2007年、夫の一郎さんが鉄工所の経営の傍ら、趣味でマイタケ栽培を始め、その後規模を拡大。個人や店舗への販売を始めた。
 煮沸消毒したナラの丸太にマイタケの菌を付け、専用の小屋で100日間培養。所有する山林に並べ、土と落ち葉をかけ、マイタケが出るのを待つ。「きれいな山の空気と水と土が育ててくれる。だからおいしいんです」と奈津子さん。
 収穫期間は気候により変動するが、例年9月中旬から3週間ほど。箱入りマイタケ(500グラム程度、1500円)などの販売のほか、マイタケ狩りもできる(入場料500円、持ち帰りは1キロ2500円。マイタケ料理とスープの試食付き)。乾燥マイタケは、年間通して販売(40グラム800円)している。
 *購入、マイタケ狩りともに、事前に連絡を。

■住所:佐久穂町海瀬1441-1
■電話:0267・86・4990
■営業時間:午前8時〜午後6時
■定休日:期間中(9月中旬から3週間程度)は無し
■駐車場:あり
*購入、マイタケ狩りともに要事前連絡

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2016年9月8日号掲載)。

住所 佐久穂町海瀬1441-1
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2016年09月08日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉