お店情報

あの店この店=「割烹 うな藤(とう)」

うな重「松」と「きも焼」(奥の水色の皿)
うな重「松」と「きも焼」(奥の水色の皿)
広々とした座敷
広々とした座敷

 夏痩せにいいーと、万葉の時代から詠まれているウナギ。ギラギラした太陽にへこたれそうなこの季節、豪勢にウナギで精をつけるのもいい。江戸時代、平賀源内が発案したとの説が有名な、ウナギを食べる「土用の丑(うし)の日」は、明後日30日だ。
 うな藤は1981年の創業。こちらは、さばいたウナギをいったん白焼きにし、蒸した後タレをつけて焼く関東風。ふっくら香ばしい焼き上がりが特徴だ。35年間、つぎ足し、つぎ足し使ってきたタレの香りが食欲をそそる。
 肝吸いなどが付くうな重は「松」が3340円、「竹」が2800円、「梅」が2360円。ミニうな重(吸い物など付いて1620円)もある。「きも焼」(1080円)は、つまみにおすすめ。
 40人まで対応できる座敷があり、会食で利用する人も多い(2人から受け付け。前日までに要予約)。料理は3千円前後から。締めにはミニうな重が付いている。

■住所:小諸市赤坂1-8-3
■電話:0267・23・8065
■営業時間:午前11時半〜午後8時半ぐらい(ラストオーダー)
■定休日:不定
■駐車場:8台

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2016年7月28日号掲載)。

住所 小諸市赤坂1-8-3
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2016年07月28日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉