お店情報

お気に入り!このお店 上田温泉 ホテル祥園 食事処 城下町

 NHK大河ドラマ「真田丸」の放送を前に、当地を訪れる観光客が増えており、私たちも遠方の友人を観光案内する機会が増えそう。そんなとき利用したいのが、上田温泉ホテル祥園内の食事処城下町。手打ちそばが好評で、市内散策の折にぜひ来店したいところです。
 この時期のお勧めは真田鬼かけそば1200円とさなだ蕎麦1100円。鬼かけそばは地鶏「真田丸」の肉団子とたっぷりの野菜やキノコが入った汁に、自分でそばを入れて温めて食べる、当地ではおなじみの食べ方。コンロにのっているのでずっとアツアツ、肉団子からもだしが出てたっぷりとしたおいしさ、体も温まります。
 さなだ蕎麦は池波正太郎の鬼平外伝「正月四日の客」に出てくるもので、こちらではねずみ大根と上田の山口大根の絞り汁に信州みそを溶いたつけ汁で食べます。女将の久保美奈子さんは「さなだ蕎麦は池波先生がくださった贈り物ですから、大切に考えています」。
 ランチではいつも来てくれる地元の人向けに、手打ちそばや丼ものなどのサービスランチ700円や、丼ものにミニそばがついたセット1000円も用意(土曜日と日曜日もあります)。
 ディナータイムには「忍者の夕めし」として真田六文そば(6つの器で6種類の具で食べるそばと山菜天ぷらなど)、トンカツと刺し身の戦勝定食(各1500円)なども。
 テーブル席と小上がり(掘こたつ形式の席もあり)があり、小さな子連れのファミリーや年配のグループにも好評です。

■住所:上田市大手1-2-2
■電話:0268-22-2353
■営業時間:11・00~20・00オーダーストップ(14・00~17・00は喫茶のみ)
■休日:年中無休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2015年12月19日号掲載)。

住所 上田市大手1-2-2
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2015年12月19日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉