お店情報

あの店この店=「Maru Cafe(まる かふぇ)」

取材時の本日のランチから、「2種の地粉の蒸し焼きパン 荻原さんのなたね油添え」と、メーンの「高橋さんの小麦粉と有坂さんの卵の手打ちパスタのカルボナーラ」、「スープ「根菜の和のミネストローネ」。パスタとスープは自家製ベーコン入り
取材時の本日のランチから、「2種の地粉の蒸し焼きパン 荻原さんのなたね油添え」と、メーンの「高橋さんの小麦粉と有坂さんの卵の手打ちパスタのカルボナーラ」、「スープ「根菜の和のミネストローネ」。パスタとスープは自家製ベーコン入り

 昨年9月にオープン。営んでいるのは柳澤零・真理さん夫妻。真理さんの祖母が、かつて薬局を営んでいた建物を、家族や友人たちの力を借りて改装した。一つ一つ手間を掛け、温かな空間を作り上げた。
 旬の野菜のおいしさが詰まった週替わりのランチは、スープ、メーン、パン、飲み物などの内容で1800円(デザート付きは2100円)。「佐久市内の食材を軸に、ご縁のある生産者が作ってくださったもの、私たちが食べておいしく、元気になると感じるものを使っています」と真理さん。調理の際は、食材が語りかけるヒントや季節感、日本の基本的な調味料を使うことを大切にしているという。
 店名の「まる」には、つながり、継続、人との縁…の意味が込められている。「長くここで明かりをともし続けたい。幅広い年齢の人に気軽に来てもらえれば」と零さんは話している。

■住所:佐久市平賀5341-1
■電話:0267-62-8416
■営業時間:午前11時半〜午後5時 *ランチは午後2時半ラストオーダー。予約がベター。夜は予約制でおまかせコース(5500円)を提供
■定休日:月・火曜日 *祝日の場合は営業し、水曜日に振り替え
■駐車場:5台

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2015年2月26日号掲載)。

住所 佐久市平賀5341-1
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2015年02月26日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉