お店情報

あの店この店「白石精肉店」

 「いらっしゃい!」
 店内に、社長の白石新一郎さんの元気な声が響く。1916(大正5)年に、新一郎さんの祖父がこの地で開業。それ以前も別の場所で商売をしていたというから、かれこれ創業100年以上になる。新一郎さんと、妻ののぶ枝さん、長男の和幸さんの家族3人が中心になって切り盛りしている。
 店のモットーは「お客さん第一!」。新一郎さんは、「自信を持って勧められる商品を、手ごろな価格で提供し、お客さんに喜んでもらうのが一番」と話す。
 ショーケースには牛・豚・鶏のおなじみに加え、マトンや馬などの、さまざまな種類の肉がずらりと並び、目移りしてしまいそうだ。
 「お客さんには『今夜、何を食べたいの』って聞くの。それを聞いて、『じゃあ、これとこれがいいよ』って答える感じだね」と新一郎さん。おいしい調理法など、プロならではのアドバイスを聞けるのは、対面販売の良さだ。
 陽気が良くなるこれからは、バーベキュー用の肉がよく出るという。「国内産黒毛和牛の霜降りカルビ」(100グラム390円)や「国内産牛カルビ」(同290円)といった、リーズナブルでおいしいカルビがおすすめだ。

■住所:東御市田中158
■電話:0268・62・0023
■営業時間:午前9時~午後7時
■休み:水曜日
■駐車場:7台。ほかに共同駐車場あり

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2013年3月28日号掲載)。

住所 東御市田中158
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2013年03月28日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉