お店情報

あの店この店「きたやつハム」

 日本一美しいといわれるシラカバの群生で有名な八千穂高原の山あいで、ハムを作り続けて25年。昨年、本場ドイツで開かれる伝統的な国際ハム・ソーセージ品質コンテストにおいて、初出場にして金賞を受賞した。
 世界が認めた商品。おいしさの秘密はハム作りに適した八千穂高原にわき出る天然の軟水、塩へのこだわり、八ヶ岳山麓で飼育された健康な豚、そして手間暇かけた昔ながらのドイツの製法だ。
 着色料や保存料、増量剤は一切使わず、ベーコンには肉に塩をすり込む「乾塩法」、ロースハムには塩水に漬け込む「湿塩法」で、肉本来のうまみをより一層引き出すという、とにかく手間暇かけるのが「きたやつハム」のこだわり。
 「安全な物、本物のおいしさを届けたい」という工場発足当時からの変わらない取り組みだ。新たに、生ハム、生サラミを商品化する予定という。
 「ベーコンは塩と脂が甘くておいしいので、焼かずにそのままサンドイッチに、野菜炒めは油を引かずにコショウだけでお試しください」と代表の渡辺敏さん。佐久穂町直売所や地元のスーパーほか、きたやつハムオンラインショップで手に入る。オリジナルギフトは贈り物にも最適。

■住所:南佐久郡佐久穂町大字畑4717-4
■注文・電話:0120・307・086
■営業時間:午前8時半~午後5時
■休み:日曜、祝日
■駐車場:あり

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2013年4月4日号掲載)。

住所 南佐久郡佐久穂町大字畑4717-4
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2013年04月04日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉