お店情報

お気に入り!このお店 備長炭火焼 銀のすず

 銀のすずは開店以来10年間、備長炭で炙った魚や肉をメインに、さまざまな年代に合ったメニューを提案し続けています。
 肉、野菜などの食材は県内産を使用。市から「地産地消推進の店」にも認定されています。さらに昨年から武石産の大豆「つぶほまれ」を原料にした「奏龍味噌」とのコラボメニューも加わり、「地元の優れた食材を広める足がかりになれれば」とシェフの小林征二郎さん。
 ランチには炭火焼定食がおすすめ。焼き台で炙った魚(取材日は沼津直送のアジ、カマス、エボダイなどから一品)と小付け、ご飯、味噌汁、漬物で1000円。
 魚は、信州豚ロース塩焼、信州白鶏塩焼にも変更可能。記者はロース焼肉をプラス100円で奏龍味噌焼に。肉の旨みと味噌の香ばしさでいっそうご飯がすすみます。「肉魚の脂が煙で燻されて旨みが増すんですよ」。
 定食には刺身、牛すじ煮などをプラスしても(各280円)。築地市場や日本海直送の魚が、翌日テーブルに並びます。牛すじも信州和牛を使用。
 お昼時はビジネスマンや女性グループが多く訪れるそう。「女子会にはトンポキライス(海鮮キムチ丼とロース炭火炙り1300円)なども人気」とホール担当で母親の小林弓美惠さん。10年間定番の花ごころ膳も健在です。
 店内はすべてバリアフリー。和洋室の大小個室も用意されているため、会社の接待や食事会、またお宮参りや法事などに昼夜問わず幅広く利用されています。予約は2~3日前までに。

■住所:上田市下之郷929-9
■電話:0268-39-7755
■営業時間:11・30~14・00、17・30~20・30(ラストオーダー)
■休み:(水)・第3(火)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2013年3月9日号掲載)。

住所 上田市下之郷929-9
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2013年03月09日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉