お店情報

お気に入り!このお店 信州のとんかつ うどんの店 古粋 2号店

 東御市東部湯の丸インターチェンジのすぐ近くに、昨年12月にオープンした古粋2号店。本海野にある古粋の姉妹店で、地元の人はもちろん観光客の利用も多く見込まれることから、「信州らしさ」を大切にしたお店となっています。
 お勧めは蓼科産の豚肉を使った、さっくりと柔らかなとんかつ(ロースとヒレの2種類)に、信州産小麦で打ったうどんがついた、信州ポークダブルかつと太郎吉うどんセット1575円。「太郎吉」とは同市出身の天下無双とうたわれた力士、雷電為右衛門の本名太郎吉から。「雷電の腰の強さをうどんで表現」したもので、口ざわりなめらかで、かむときゅっとコシがあります。刻みくるみ(東御市名産!)がついてくるので、途中でつゆに加えるといい具合のアクセントになります。
 うどんは温か冷(釜揚げうどんか冷しうどん)か選べ、それぞれうどんを変えています。釜揚げうどんの方が少し太めで、食べたときの感じが違うため、同じテーブルで温と冷を頼んで食べ比べをしているグループも。
 太郎吉うどん630円、信州ポークのロースかつ定食や同ヒレかつ定食(2枚)各1155円などのほか、平日のランチはソースかつ丼840円、ミニ丼とうどんのセット1050円もよく出ます。定食類はキャベツ、ご飯、みそ汁がお代わり自由ですので、気兼ねなくどうぞ。
 眺めのいいテーブル席に落ち着ける小上がりもあり。宴会は~20名、2500円~、1週間前までに予約を。

■住所:東御市袮津1134-1
■電話:0268-75-5007
■営業時間:11・30~15・00(ラストオーダー14・00)、17・30~21・00(同20・30)
■休み:(月)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2013年5月18日号掲載)。

住所 東御市袮津1134-1
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2013年05月18日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉