お店情報

お気に入り!このお店 手打ちうどん 江戸屋

 ツヤツヤとしたうどんは、かむときゅっきゅっとくるコシがあり、「うどんは喉越し」の心地よさが感じられます。ゆでたては透明感がありますが、食べ進むうち全体に水がまわって、ふわっと口あたりが柔らかくなるのが特徴です。
 江戸屋はこの場所で27年目。うどんを打つのは店主の西村豊子さんで、12~13年前に夫の重幸さんからバトンタッチして以来、味をかえないよう「日々努力、うどんは難しい(笑)」と頑張ってきました。
 うどんはこねて玉にしておき、注文が入ってから延ばして切り、大釜でゆでます。時間はかかりますが、その方がおいしいからと開店当時から変えていません。
 よく出るのは天ざるうどん1050円、野菜天ざるうどん840円など。軽く揚がった天ぷらは5品程度ですが、近くの人から届く野菜や山菜などは天ぷらにして、多めにつけることも。
 限定のうどん定食1050円は、うどんと冷や奴、小付け、刺し身(仕入れの関係で売り切れたらおしまい、週末が中心)。
 ざるうどん525円からあり、開店当時から値段を上げていないものもあります。平日の昼はうどんの大盛り無料。温泉の後に寄る人、女性ひとりでうどんを食べに来る人もいて、「気軽に寄ってほしい。きれいに食べていってくれるとうれしいし、やりがいがある。今のところはこの値段で頑張ります」。
 夜は地元の人が集まる、にぎやかな居酒屋としての一面もあります。

■住所:上田市真田町傍陽82
■電話:0268-75-3525
■営業時間:11・00~14・00、17・00~20・00(各オーダーストップ)
■休み:(水)の夜と(木)定休 ※お盆は営業、8月21日(水)、22日(木)休業

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2013年7月20日号掲載)。

住所 上田市真田町傍陽82
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2013年07月20日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉