お店情報

あの店この店「軽井沢ブルワリー株式会社」

 先月、販売を開始した「軽井沢浅間高原ビール」。これを生産する軽井沢ブルワリー株式会社の和田泰治社長は「浅間山を望むこの地で、これまでにない地ビールをつくりたかった」と話す。都内にある製菓用の洋酒貿易会社「ドーバー洋酒貿易」の代表でもある和田さんにとって、地ビールづくりはかねてからの夢でもあった。
 原料となる麦芽や製造機械類は、ビールの本場ドイツから直接輸入している。地ビールには珍しく熟成に時間をかけた製法。雑味がなく爽やかな喉ごしが特徴だ。
 缶や瓶のラベルには、和田社長と親交が深い日本画家、千住博さんの絵を使用している。工場内にも千住さんの作品が飾ってあり、まさに「美術館工場」。見学料500円で、工場見学の後、試飲1杯とお土産の缶ビール1本がつく。「地元の方々にも、ぜひ工場見学に来てほしいですね」と和田社長。「佐久地域に根差し、飲む人に喜ばれる商品になっていければ」と語る。
 地ビールはJR佐久平駅内にあるプラザ佐久をはじめ、佐久地域のスーパーでも販売している。

■住所:本社工場:佐久市長土呂64-3
■電話:0120・919・144
■営業時間:午前9時半~午後5時(工場見学)
■休み:土曜、日曜、祝日。ただし夏季(9/23まで)は土日祝日も見学可
■駐車場:あり 
■HP:http://brewery.co.jp/ ※工場見学はHPからの事前予約が必要です。

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2013年8月1日号掲載)。

住所 佐久市長土呂64-3
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2013年08月01日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉