お店情報

お気に入り!このお店 ラーメンフロンティア かもめ

 開店15周年を迎え、かもめでは外回りなどを改装しました。店主の宮本進さんらが作るラーメンと餃子をはじめとした料理は、気取りがなくておいしい、良心的な値段と固定客が多く、ランチなどは時間をずらして来る人もいて長時間満席が続くことも少なくありません。
 寸胴で毎日ていねいにとる透明なスープは、すべての味の基本。ラーメン650円は日本人のイメージするラーメンの姿そのもので、全体がまあるく整い、シンプルながら芯の通ったおいしさは変わりません。
 焼豚やメンマはもちろん、ラーメンの素といえる「ラーメンじょうゆ」(オーダーしたしょうゆにコトコトと煮込んだ野菜のうまみほか))も自家製。「ラーメンじょうゆの仕込みは大仕事です。あと角煮と焼豚、餃子も(笑)」とマネージャーで娘の斎藤裕香さん。
 名物のソフトシェルクラブのカオヤーピン巻き980円は、脱皮したてのカニを殻ごと揚げて野菜と巻いて食べるもの。カニが香ばしく、夢中で食べてしまいました。
 男性に人気が高いのは半チャーハン・半ラーメンセット1100円、女性はあんかけ焼きそば840円。夏限定の冷し中華やサラダ麺などは840円。平日の夜はスペシャル中華セット1250円があり、メインはエビチリや八宝菜など5品から、サイドは4品から各1品を選べるセット。この値段はたいそうおトクです。
 個室は15名まで、週末は早めの予約を。休日は通し営業なので、かき氷300円~(持ち帰り可)もどうぞ。

■住所:上田市武石沖230-7
■電話:0268-85-0039
■営業時間:11・00~15・00、17・00~22・00、(土)(日)(祝)11・00~22・00(各30分前がラストオーダー)
■休み:不定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2013年8月31日号掲載)。

住所 上田市武石沖230-7
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2013年08月31日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉