お店情報

お気に入り!このお店 信州小麦ラーメン 亀屋

 亀屋のさらしならーめん700円、スープは動物系と魚介系のダブルスープで、くっきりとした旨味を感じます。麺は自家製、しかも県内産小麦粉を用いた「多加水麺」を包丁切り、手もみしているので、ツルツルしていてもっちり、口ざわりのいい麺です。
 スープと麺の相性は抜群で、トッピングのチャーシューは山並み、メンマは千曲川、エノキとほうれんそうで田畑を表現。とてもバランスのいい味わいです。
 懐かしさを感じる動物系スープの中華そば600円、麺そのもののうまさを楽しむならつけ麺800円、千曲市産の小麦粉「ユメセイキ」を使っています。つけ麺はいったん冷水で締めるので、麺のコシがいっそう強く感じられます。
 みそやさいらーめん800円は、野菜のおいしさも加わった穏やかならーめん。上田市丸子の大桂商店の「奏龍」みそを使っています(3月31日(月)まで)。
 もともと国産小麦はらーめんの麺には向かないとされています。逆にそこにおもしろさややりがいを感じる、と店主の小平光一さん。
 餃子(3コ210円~、持ち帰り可)はパリパリの羽つきで、中身が透けるような薄い皮を使用。肉は豚のももとロース、野菜は包丁による手切り。「その方がおいしいから」と、手間をいといません。
 食後にはコーヒーを(400円、食事といっしょなら100円引き)。濃いめのくっきりとした味わいで、添えるのは有機シュガーと純乳脂肪のコーヒークリーム。やはり「その方がおいしいから」ということでしょう。

■住所:千曲市上山田温泉3-7-4
■電話:026-275-1631
■営業時間:11・30~14・30、17・30~20・00
■休み:(火)と第3(水)定休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2014年2月15日号掲載)。

住所 千曲市上山田温泉3-7-4
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2014年02月15日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉