お店情報

あの店この店=「株式会社住まい工房 東信支店」

 佐久市猿久保のモデルハウスを訪れると、家中に木の香りが満ち、すがすがしい。壁や天井、床、至るところに木目を感じる造りになっている。「住まい工房」は、木の素材に思いを込め、家族の笑顔が輝く暮らしを提案する。
 「木には神秘の力があります」と社長の中島崇伸さんは語る。木は手触りが柔らかく、肌に伝わる温かみが心を穏やかにするという。見た目に優しさを感じ、香りには癒やし効果があるとも。「同じ温度でも湿度の違いが快適さを左右します。木は呼吸をしていますから湿度を適切に保ち、空気を健康にしてくれます」と中島さん。
 どんなに小さな木にも効果があると、中島さんは端材も大切にし、積み木などのおもちゃや、枕などの製品作りに活用している。
 戦後の住宅ラッシュの際、信州の木も木材として多く切り出された。そのころに植林された木たちが今、成熟の時期を迎えている。「人は木とともに歴史を歩んできました。輸入材の普及で手入れをされない山が増えています。信州の木で家を建てることは里山の保全につながり、循環する暮らしを支えます」。中島さんは熱く語る。思いを形にするためのヒアリングを入念に行って、施主との共感を何よりも大切にしている。

■住所:佐久市猿久保22-8
■電話:0267・54・8170
■営業時間:午前10時~午後4時
■定休日:水・木曜
■駐車場:10台

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2014年1月30日号掲載)。

住所 佐久市猿久保22-8
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2014年01月30日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉