お店情報

あの店この店「ハマダヤ」

 旧望月町の商店街にある洋品店。創業は1970(昭和45)年。小池康紀さん・廣子さん夫妻が切り盛りしてきた店を3年前、長女の齋梧里実さんが引き継いだ。女性の普段着を中心に、紳士服や寝具、履物など幅広く扱っている。店の中央にはお茶飲みスペースもあり、なじみのお客が立ち寄ってはくつろいでいく。一角には地元の女性たちが作ったせっけんや洋服、パンを販売するコーナーも。
 里実さんが店長になったのを機に、フェアトレード商品も扱い始めた。フェアトレードとは、途上国で作られた製品や作物を適正な価格で取り引きし、生産者の自立を支援する仕組みのこと。同店ではフェアトレードカンパニー(東京)のブランド「ピープル・ツリー」を扱っている。同ブランドは、「人と地球にやさしい」をモットーに、環境にも配慮した衣料品や日用雑貨、食品などがそろう。ハマダヤでは一部商品を除き、カタログの表示価格の1割引きで販売。店頭に無い商品は、取り寄せてくれる。
 「洋服は各国の伝統的な工芸を生かしながらも、親しみやすいデザインが魅力です」と里実さん。来月は人気のチョコレートも入荷予定。コーヒー、ハーブティーも試飲できる。

■住所:佐久市望月113-4
■電話:0267・53・2489
■営業時間:午前9時~午後6時半
■休み:日曜日
■駐車場:近くの商工会駐車場を利用

※記事中のデータは掲載日時点のものです(提供:週刊さくだいら 2013年10月17日号掲載)。

住所 佐久市望月113-4
掲載紙 週刊さくだいら
掲載日付 2013年10月17日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉