お店情報

お気に入り!このお店 清酒「亀齢」醸造元 岡﨑酒造株式会社

 そろそろ晩酌に日本酒もいいかな、と思えるころ。9月9日は長野県の造り酒屋などで「ひやおろし」解禁日でもあります。
 清酒「亀齢」醸造元岡﨑酒造株式会社は、歴史的な町並みで人気の柳町で、創業は寛文5年(1665)といいますから、ざっと350年前。蔵元直売の酒や酒粕、オリジナルの「梅甘露」なども手に入ります。
 「ひやおろし」とは、春にしぼったお酒をひと夏熟成させたもので、女性杜氏の岡﨑美都里さんは「カドがとれて味に丸みが出て、コクや深みも加わります」。この時期を楽しみにする左党も多くいるそう。
 亀齢純米吟醸(1650円~)は「米も酵母も水も、地元のもので酒づくりをしたいと思い」、米は長野県産のひとごこち、水は市内武石の福寿の水。軟らかく飲みやすく、「米の味がする」と好評です。
 栄養成分豊富な発芽玄米を使った「芽生」980円は、穀物の風味がします。「双葉」1000円は発芽玄米を焙煎しているので、独特の香ばしさを感じます。坂城町のトンネル内で熟成させており、コクも酸味もあるしっかりとした味わいです。
 日本酒で自家栽培の梅を漬けた梅酒「太樹」1150円は、本来の麹の甘みがあるため使用する氷ざとうが少なめでヘルシー。
 青梅をさとう、水飴、日本酒で10時間ほどじっくりと煮た清酒煮「梅甘露」850円は、こっくりとした滋味深い味。梅にシワがよらないようふっくらと煮上げており、そのまま食べるかヨーグルトなどにのせて、シロップは炭酸で割ってどうぞ。造り酒屋ならではの逸品です。

■住所:上田市中央4-7-33
■電話:0268-22-0149
■営業時間:8・30~17・00
■休み:年中無休

※記事中の情報は掲載日時点のものです(提供:週刊うえだ 2013年9月7日号掲載)。

住所 上田市中央4-7-33
掲載紙 週刊うえだ
掲載日付 2013年09月07日
           
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉