信毎イベント&チケット

善光寺御開帳記念「善光寺さんと高村光雲」 -未来へつなぐ 東京藝術大学の調査研究から-

善光寺御開帳記念「善光寺さんと高村光雲」 -未来へつなぐ 東京藝術大学の調査研究から-
期日・期間

2022年4月2日(土)~2022年6月26日(日)
休館日:水曜日 ※5月4日(水・祝)は開館、5月6日(金)は休館

会場

長野県立美術館
長野市箱清水1-4-4(善光寺東隣 城山公園内)

時間

9:00~17:00(展示室入場は16:30まで)

料金
(入場料・参加費等 税込)

<当日券>
一般・大学生および75歳以上:500(400)円
高校生以下または18歳未満:無料
※割引の併用はできません
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、付き添い1名は無料
※前売券販売はございません。

主な内容

善光寺の御開帳に合わせ、高村光雲や米原雲海によって近代に建立された、現在の仁王門の金剛力士像や三面大黒天像、三宝荒神像などの仏像について、さまざまな角度から紹介する展覧会を開催します。
長野県立美術館に隣接し、日本最古とされる仏像を祀る善光寺の文化財に焦点を絞り、高村光雲が教鞭を執った東京美術学校の後身で、長年にわたって善光寺の仏像の調査と修復に携わってきた東京藝術大学大学院美術研究科保存修復彫刻研究室の協力のもと、その研究成果としての仏像を展示します。
善光寺仁王門の金剛力士像や三面大黒天像、三宝荒神像の研究パネルと構造模型、近代彫刻としての制作に関わった高村光雲や米原雲海の書簡と出納帳などと併せて、一般の人たちへの理解を深めるためにAR技術を用いた仏像の立体的な再現を行ないます。

※諸般の事情により、会期等に変更が生じる場合があります。
最新情報は美術館ホームページをご覧ください。

お申し込み
(ご注文・購入)方法

長野県立美術館の窓口で観覧料をお支払いください。

主催・後援等

主催:長野県 長野県立美術館 信濃毎日新聞社 (公財)信毎文化事業財団
共催:長野県教育委員会
特別協力:善光寺 東京藝術大学保存修復彫刻研究室
後援:長野市 長野市教育委員会 長野商工会議所 善光寺御開帳奉賛会 長野県芸術文化協会
(公財)八十二文化財団 (公財)ながの観光コンベンションビューロー JR東日本長野支社

お問い合わせ

長野県立美術館
TEL:026-232-0052(休館日除く9:00~17:00)

信毎イベント&チケットへ戻る