信毎の本

鉄道写真集 信州国鉄の風景 ―昭和30~60年代 新聞社のカメラが追った―

鉄道写真集 信州国鉄の風景 ―昭和30~60年代 新聞社のカメラが追った―
信濃毎日新聞社 編
定価 2,200円(本体2000円+消費税)
形式 B5判並製 オールモノクロ 256ページ
発行 2021年9月
解説 信濃毎日新聞社のデータベースに登録されている膨大な写真の中から、昭和30年代(一部20年代)から昭和の終わりにかけ、紙面掲載された国鉄に関する報道写真を集めた、オールモノクロの鉄道写真集。
昭和のこの時代は、長野県内の鉄道にとっても大きな変化がありました。幹線鉄道では碓氷峠アプト式廃止や塩嶺新ルートに代表される大型インフラの整備や、電化や複線化とそれに伴う特急の登場などのスピードアップが進み、スキーブームや高原での避暑で乗り切れない乗客や、盛んだった高原野菜の貨物輸送など、今では信じられない活気ある光景も。次第に合理化の波が押し寄せ、背景にした労働争議やストライキも頻発。大きな災害や豪雪と闘いながら鉄道を守る人がいる一方、安全意識を疑うような大きな事故も多く起きました。
本写真集では、こうした国鉄時代の鉄道と人々の姿、世相を「新聞社だからこそ、その場所で撮れた写真」「記者が現場に駆け付けたから撮れた写真」で振り返ります。収録枚数は350枚以上。報道写真ならではの臨場感や迫力が伝わるほか、蒸気機関車、ディーゼル特急、旧型国電車両、改築前の駅舎など、懐かしい風景も多数登場。鉄道ファンにも満足してもらえる、記憶がよみがえる一冊です。
オンラインショップ https://shinmai-books.com/item-detail/909706
新刊情報へ戻る
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉