信毎の本

記憶を拓く 信州 半島 世界

記憶を拓く 信州 半島 世界
信濃毎日新聞社編集局 編
定価 1,760円(本体1600円+消費税)
形式 A5判並製 240ページ
発行 2021年5月
解説 2020年度「平和・協同ジャーナリスト基金賞」大賞作品

刊行は2021年5月下旬となります。刊行前のご購入は予約扱いとし、刊行次第お届けします。

太平洋戦争末期、国家の中枢機能を信州に移そうとした松代大本営地下壕の極秘工事。2018年、動員された朝鮮人労働者2600人の名簿の存在が明らかになった。名簿をもとに、韓国で捜し当てた元労働者家族の記憶をたぐると、日本の植民地支配がもたらした影響を多面的に見つめる手がかりが見えてきた―。
計61回の新聞連載を単行本化。1936年ベルリン五輪マラソンに日本代表選手として出場した金メダリスト、孫基禎さんの生涯をたどるほか、K-POPに沸く現代の若者たちの交流や、在日コリアンらへの"ヘイト"の実態にも切り込む。
戦後"最悪"とも言われる日韓関係の中で、丹念な取材をもとに、対話と共感の糸口を探る。2020年度平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞。
オンラインショップ https://shinmai-books.com/item-detail/858068
新刊情報へ戻る
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉