信毎の本

雲上浪漫 わが心の中央アルプス

雲上浪漫 わが心の中央アルプス
津野祐次
定価 1,650円(1500円+消費税)
形式 200×220mm 並製 84ページ
発行 2020年6月
解説 空木岳の優美、屹立する宝剣、畏怖なる西駒ヶ岳。そこには、とことん美しく面白く、 そして驚きに満ちた自然との出会いがあった―。
中央アルプス国定公園指定を記念した、山岳写真家津野祐次渾身の中央アルプス写真集。世阿弥が花伝書に明快に述べた人間が感動する3つの要素を自らの感性に照らし合わせながら中央アルプスに通い、感動を追い求め続けた50年の集大成。

●著者略歴:つの・ゆうじ
1945年、長野市駒ヶ根市生まれ。
82年写真界の巨匠・柴崎高陽氏に師事。92年写真事務所を開設し独立。日本アルプスの山岳地帯を主に国内の自然風景が撮り続け、数多くの作品を発表している。撮影会・講演会の講師、各種写真コンテストの審査員のほかテレビ出演も多数。日本山岳写真協会評議員・南信支部長。伊那市在住。
主な著書に『日本の山と渓谷・甲斐駒・仙丈・塩見岳』(山と溪谷社)『さくら桜』(信濃毎日新聞社)『光と山気の交響曲』(新葉社)
オンラインショップ https://shinmai-books.com/item-detail/498430
新刊情報へ戻る
信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉