イベント情報

かまくら遊びを体験できるプログラム/「かまくら」遊びにドキドキ・わくわく/雪のキャンプサイトに今年初めて登場!

                                                                                                               
カテゴリ アウトドア
日付 2021年02月01日(月)~2021年03月20日(土)
会場 長野県上水内郡信濃町野尻1848
市町村 信濃町
主催 ラボランドくろひめ
内容 ■「かまくら」の作り方~Do you know how to make KAMAKURA?
 「かまくら」を写真で見たことのある人はたくさんいるでしょう。では「かまくら」はどのようにして作られるのでしょうか?
 ラボランドくろひめは,年末頃から雪が多く降る長野県信濃町にあります。この雪を上手く活かせるプログラムを考え,ここ数年,検討してきました。2年前には,運動会で使う大玉ころがしのバルーンを購入してつくってみましたが,うまく設営できませんでした。
 そこで,20年ほど前から「かまくらの里」を運営する飯山市観光協会に問い合わせてみると,かまくら応援隊が出張して制作を指導してくれるとのこと。そこで応援隊に依頼,1月中旬に応援隊8名の指導を受け,第1号が完成しました。
 特注のバルーン「かまくら君」を使い、そのバルーンの外周から約90~100cmの幅で雪を積み上げていきます。除雪機でバルーンの周りに雪を吹き付け、人の足とスコップで踏み、叩き固めていきます。
※設営をタイムプラスで紹介→https://www.laboland.jp/activities/ac_white.html#kamakura
 その後,スタッフが独自に設営し,現在4基のかまくらが場内に作られています。

■「かまくら」はもともとはお祭り?
 日本の豪雪地域でのかまくらは,寒い季節を思い起こす冬の風物詩です。「かまくら」とは建造物を指すだけでなく,もともとは中に祀った水神様にお賽銭を上げ,家内安全や商売繁盛,五穀豊穣などを祈願する行事でした。雪室(ゆきむろ)の中に祭壇を設けて、自然の恵みの水を運んでくれる水神様をお祀りしたのでした。いまでも秋田県では,そのような行事を行う地域があります。
 日本海側の豪雪地帯である,秋田県横田市や長野県飯山市,栃木県湯西川温泉では,毎年「かまくら祭り」を開催。多くの観光客でにぎわうそうです(今年はコロナ感染予防で中止する会場もあり)。

■「かまくら」の中で何をしたいかな? 
 かまくらといえば,中で飲み食いをするイメージがあるでしょう。ラボランドくろひめでは,今冬3つの体験プログラムを用意。人数やシーンに合わせてかまくらをお楽しみいただけます。
 詳細は,公式サイトをご覧ください。 https://www.laboland.jp/activities/ac_white.html#kamakura

<冬の「かまくら体験」プログラム>
●●期間:3月中旬頃まで(気候によります)
●●会場:ラボランドくろひめ(長野県上水内郡信濃町野尻1848)
※お車の場合=上信越道「信濃町 I.C」より約 7 分
 電車の場合=しなの鉄道「黒姫駅」下車、車で約 5 分
※宿泊・食事はラボランドくろひめ内のロッジにて(お風呂あり)
●●詳細・お申し込み:ラボランドくろひめ公式サイトをご覧ください。 https://www.laboland.jp/activities/ac_white.html#kamakura
料金 プログラムによって異なります。サイトをご覧ください。https://www.laboland.jp/activities/ac_white.html#kamakura
申し込み方法 ラボランドくろひめ公式サイトからお申込みください。 https://www.laboland.jp/activities/ac_white.html#kamakura
注意事項 かまくらの状態により,開催時期が変更となります。ご了承下さい。
公式HP https://www.laboland.jp/activities/ac_white.html#kamakura
お問い合わせ先 道上(ミチウエ)
kurohime@laboland.jp
電話番号 026-255-5723

(日時・内容等は変更されることがあります。利用の際は主催者等にご確認下さい)

信州の花・紅葉だより
信州そば漫遊
信州山小屋ネット
信州日帰り温泉