浅見帆帆子 未来は自由!

これぞ基本。手に負えない悩みを解決する方法

2018年6月18日

 

 5月から、フェイスブックを使った「オンラインサロン」という形で「引き寄せを体験する学校」を開校しています。

 望んでいることを引き寄せるためには日常生活こそが大事。一時だけ望みのイメージをしても、日常生活でそれと真逆の気持ち(波動)で暮らしていては意味がありません。その人が長く考えていることを引き寄せるのが「引き寄せの法則」の基本だからです……ということで、毎日学校に来る(アクセスする)ことで、気持ちの盛り上がりを一時で終わらせないために作りました。

 その月のテーマやその日のキーワードに即して、生徒さん(会員さん)たちが自分の引き寄せ体験を報告するのですが(もちろん任意です)、「学校の教えの通りにしたら、こんなにすごい展開があった」という体験談に、なかなかすごいものが出ました。

 お姑さんたちとの同居が絶対条件で、お姑さんとも夫とも関係が悪いという苦しい環境で暮らしていたSさんが、晴れてお姑さんと別居することになり、すぐに理想の家が見つかった、という話です。長年抱えていたその悩みについて「学校」に投稿してから、わずか1カ月のことでした。それまで何年(何十年?)も、別居という可能性はゼロに近く、そんなことを言い出したら「離婚」という状況だったにも関わらず、突然のこの展開です。

 Sさんがこの1カ月間、何をしたか(変えたか)と言えば、他の人たちのポジティブな投稿や学校の教えを知って、「その悩みについて考えないようにした」ということでした。お姑さんにまつわるモヤモヤやイライラが浮かんだら、すぐに楽しいことへ気持ちを向ける、楽しいことが思いつかないときは全く違うことをして気を紛らわせる……そうやって、とにかくそれについて深く考えないように気持ちをそらし続けた結果、上記の展開になったというのです。

 憂鬱なことや解決したいこと、でも自分の力ではどうにもならないことこそ、深く考えるのではなく、それとは違う部分でプラスのエネルギーをためる……これは私が十数年前から書いている「問題解決法」です。

 問題の内容がどれほど複雑でも、根深いものでも、確実に動きが起こることを久しぶりにオンタイムで知り、引き寄せの力に驚きました。

 いつも自分の気持ちを楽しい状態にしておくことは、抱えている問題とは関係ないようでいて、その自分の状態に引き寄せの法則が働くので、問題事にもうれしい展開を引き寄せるのです。今一度、この基本を胸に刻もうと思いました。(408回、毎週月曜に配信)

☆浅見帆帆子(あさみ・ほほこ) 著書に『あなたは絶対! 運がいい3』(廣済堂出版)など累計部数450万部を超す作家・デザイナー。メルマガ「浅見帆帆子の宇宙につながる話」が「まぐまぐ大賞2017」「こころ部門」で1位を受賞。公式HP:www.hohoko-style.com


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ