音楽玉手箱

<大ヒット盤> 高橋真梨子『Katharsis』 悲しみの後に来る、不思議と穏やかな気分

2018年7月11日

 高橋真梨子『Katharsis』

 約4年ぶりのオリジナル。ヒット曲集やカバー曲集も人気だが、本作も彼女だからこそ歌える世界が展開されている。

 全11曲中、愛を求めるがゆえに「どうせ嘘」と強がるタンゴ調の『カリソメ』や、長年の愛に感謝するサルサ調の『Gracias』など、今なお艶やかな歌声ゆえに見事にラブソングが決まる。

 その一方で、“大切な人との別れと、残された自分”を歌ったピアノ演奏の『雲母の波』や落ち着いたバンド演奏の『約束』も印象深い。ただ、彼女の場合は、その凛とした歌声からか、悲しみを深く感じた後でも、不思議と穏やかな気分にもなる。それゆえ“浄化”を意味するタイトルなのかと納得した。本人が9曲の作詞を手がけたことも大きい。

 DVDには約45年間にわたる歴史を30数分で振り返った映像を収録。ステージでの圧倒的な存在感と、始球式に登場した小柄なシニア女性との落差に、あらためて彼女の歌の凄さが分かる。喜びに浮かれる時も悲しみに沈む時も、本作が平常心に戻してくれるはず。

(ビクター・CD+DVD初回盤3611円+税)=臼井孝


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ