東京アート日和

企画展「馬鑑(うまかがみ)山口晃展」

緑に囲まれた公園の中に、博物館はあります

「當卋おばか合戦-おばか軍本陣圖」(右)と「角切鹿形兜」(左)

天保年間に建てられたという「曲がり屋」の台所。どこが山口さんプロデュースか分かりますか?

 「技術とはそういうものです。見てほしい所を明快にする為、見なくてもいい所でひっかからないよう、不要な部分こそ筆で鞣(なめ)すように丁寧に描きます」。どこかで偶然見かけたインタビューの一節が気になって、こんな言葉を使う人が描く画はどんなだろう、と。いつか実際に見てみたいと思っていました。

 その独自の世界に数多くのファンがいる画家山口晃さんの個展が、横浜にある「馬の博物館」で開かれています=《写真1》。美術館では何度もあった個展も、博物館では初めてとの事。博物館ならではの展示や楽しみ方が工夫されています。

 緻密に描きこまれた画。実在のものを細やかなタッチで描きとりながら、巧妙に差し込まれる超現実の物語に、いつのまにか「山愚痴(やまぐち)屋」ワールドに引き込まれてしまうのが、山口さんの作品の魅力です。

 今回の展示では、そんな山口さんの作品の間に、歴史的資料が展示されています。例えば、「當卋(とうせい)おばか合戦」で背広姿のおじさんたちがいそいそと侍の装いに着替えて合戦に参加する様子を眺めた後は、江戸時代後期の「陣形図屏風」に描かれた戦闘心とはかけ離れた、ほのぼのとした顔つきの足軽たちを見て「当時の絵師も、同じように遊び心をもって描いていたのかも?」なんて楽しい空想を巡らせることもできるのです。

 学芸員の廣瀬薫さんは、「角切鹿形兜(つのきりしかなりかぶと)」を前に、「この兜も、ガンダムみたいって言う方もいらっしゃるんですよ」とのこと。山口さんの作品に刺激を受けて、鑑賞する側の発想も自由になっているようでした=《写真2》。作品の中で少しずつ視線をずらしていくと、次々と現れる人物、そしてその人が語りだす変幻自在の物語に魅せられ、1冊の絵本を読んでいるような気分になります。

 もう一つ興味を惹かれたのが、馬と共に暮らしがあったことで知られる遠野地方のかつての家屋「曲がり屋」を再現した常設展示の空間。今回は、山口さんのプロデュースで笑いや驚きがそこここに潜んでいます=《写真3》。

 もともと日本にいた在来馬は、現在私たちがイメージするサラブレッド種とは違い、人間の肩までの高さが一般的だったそうです。山口作品の馬たちも、在来種の大きさできちんと描かれているようにみえます。また、会場では約8倍に引き伸ばされたパネルの前で写真撮影もできるようになっていますが、それだけ引き伸ばされても、構成には一切の破綻が見えないのです。

 「鞣すように描く」といった山口さんの「鞣す」作業は、描くという行為以前に始まっているのだと、そして画中の人々の話し声が聞こえてくるようなイキイキとした空気がまるで現実のように伝わってくる世界は、それ故に可能なのだと納得し、背筋を伸ばしました。

【ちょっと立ち止まって】
 150年前に開設され、賑わいを見せた根岸競馬場の跡地にある同博物館。今でも当時の建物が一部残っているほかポニーセンターも併設されており、現在でもポニー、ミニチュアホースなどが飼育されています。乗馬や餌やりなど、馬と触れあえるイベントもあるそうですので、馬好きな方はぜひスケジュールを確認して訪れてみてください。隣の根岸森林公園とあわせてゆっくり休日を過ごすのも良さそうです。

【展示会情報】
◇「根岸競馬場開設150周年記念・(公財)馬事文化財団創立40周年記念
企画展 馬鑑(うまかがみ) 山口晃展」
◇場所:馬の博物館 第2・3展示室
◇最寄り駅:
 ・JR根岸駅 2番乗り場から[横浜市営バス21系統・桜木町駅行]乗車 、「滝の上」下車すぐ
 ・JR桜木町駅 3番乗り場 又は みなとみらい線日本大通り駅 3番出口 日本大通り駅県庁前バス停から[横浜市営バス21系統・市電保存館行]乗車、「滝の上」下車すぐ
 ・JR横浜駅東口 7番乗り場 又は 京急線日ノ出町駅 日ノ出町1丁目バス停 又は 市営地下鉄伊勢佐木長者町駅 伊勢佐木長者町駅前バス停から横浜市営バス[103系統・根岸台・本牧車庫(御所山)・根岸駅行]乗車、「滝の上」下車すぐ
 ・JR根岸駅・山手駅から徒歩15分(根岸森林公園となり)
◇開催期間:5月29日(日)まで
◇開館時間:10時~16時30分(入館は16時まで)
◇休館日:月曜日 ※ただし3月28日、4月4日、5月2日は開館
◇入館料(税込):大人200円、小中高生30円、団体(20名以上)半額
 ※障がい者手帳等をお持ちの方は無料(付添いの方は半額)
 ※毎週土曜日は小中高生無料

2016年4月17日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
映画館情報
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ