東京アート日和

「長新太の脳内地図」展

     いわさきちひろ  花のなかのおやゆび姫       「おはなしアンデルセン」(童心社)より 1965年

会場には、「ゴムあたまポンたろう」がポン!と飛んでいます

 長新太 「キャベツくん」(文研出版)より 1980年   開催期間中は1階カフェにてキャベツくんとブタヤマさんのスープが楽しめるそう。「ブキャッ!」は何度読んでも笑ってしまいます。

 「ちひろ美術館・東京」には忘れられない思い出があります。5年以上前に初めて訪れたとき、出合った言葉に強く共感し、私はメモをとりました。とても新鮮な感動だったのですが、なんとそれからしばらくたったある日、掃除の途中で見つけた昔の日記にも、全く同じちひろの言葉が書きつけられているのを発見してしまったのです。つまり私は全く同じ言葉に、出合うたび感動して、その都度書き取っていたようなのです。せっかくメモをとった内容も忘れてしまう自分には少し呆れましたが、ちひろの言葉にはそれだけ普遍性があり、本質的であると改めて思ったのです。

 子どもをモデルにした柔らかい水彩画が印象的な画家・絵本作家いわさきちひろ(1918-1974)。世界初の絵本美術館「ちひろ美術館・東京」には、彼女の作品以外にも17,000点を超えるコレクションがあり、現在は「長新太の脳内地図」展を開催中です。誰もが知っている「キャベツくん」などを生み出した長新太の脳内にはどんな世界が広がっているのか…気になりませんか?

 美術館に一歩足を踏み入れると、まずは受付カウンターと左手にカフェのコーナーがあります。明るい太陽光が差し込む館内には、かわいらしい木製のテーブルと椅子が並び、親子でゆっくり食事を楽しめるようになっています。

 館内には、元気な子供の声が響いているのですが、展示室に足を踏み入れると、そこには静かな別世界がありました。おなじみ「ちへいせんのみえるところ」の原画から、勝手に歩き出してしまった下半身の旅を描いた漫画など。壁面に飾られているだけでなく、幾つもの引き出しを一つ一つ開いて初めて見つかる作品もあって、ワクワクさせる仕掛けになっています。

 それぞれのキャプションには、長新太自身の言葉が綴られています。それがときに深く頷けるようなものから、ついツッコミを入れたくなるようなものまで。普段の展示会なら、一人で静かに観るのが好きなのですが、今回ばかりは、あぁ、一人で見るのがもったいない、と思いました。くすっと笑える絵、首を捻りたくなる言葉。その解釈や発見を、つい隣の人と分かち合いたくなるのです。大人も子供も、目を輝かせて謎解きに夢中になっているようでした。

 ちなみに、私がメモしていたちひろの言葉は、1階の常設展示室に展示してある「大人になること」というエッセイの一部です。今回改めて読んでも、やっぱりいい言葉だなぁ、と危うく3度目のメモをとりそうになりました。

☆お知らせ☆
このブログ読者の方から5組10名様を、今回ご紹介の展示会にご招待します! 締め切りは7月15日(水)。応募はこちらから。

【ちょっと足を延ばして…】
 最寄りの上井草駅の周りには、素敵なカフェやお店があります。美術館とは線路の反対側にある竹林に囲まれたカフェ genro & cafe  は、インテリアや器が素敵です。美術館へは商店街を抜けていくのですが、その途中で懐かしい氷砂糖やエアインチョコ、水飴など並ぶ駄菓子屋さんの前を通ります。店番のおじさんの元気良い説明につられて、つい幾つか求めてしまいました。
 上井草探索を、ぜひ楽しんでください。

【展示会情報】
◇没後10年 「長新太の脳内地図」展
◇場所:ちひろ美術館・東京
 (長野県のちひろ美術館・安曇野では、来年2016年9月中旬から巡回展を予定)
◇最寄り駅:
  ・西武新宿線上井草駅下車徒歩7分
  ・JR中央線荻窪駅より西武バス石神井公園駅行き(荻14)「上井草駅入口」下車徒歩5分
  ・西武池袋線石神井公園駅より西武バス荻窪駅行き(荻14)「上井草駅入口」下車徒歩5分
◇開催期間:8月2日(日)まで
        7月26日(日)には「長新太の脳内フェス」開催!
        等身大のキャベツくんが登場したり、様々な催しが企画されています。
◇開館時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
◇休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館) ※7/21(火)は休館
◇観覧料(税込):高校生以下無料、大人800円
 グループ(有料入館者10名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は100円引/障害者手帳ご提示の方は半額、介添の方は1名まで無料/視覚障害のある方は無料となります。
(二重割引はいたしておりませんのでご了承ください。)
 東日本大震災の罹災証明書、または被災証明書をご持参の方は、入館料が無料となります。受付にてご提示ください。

2015年6月28日


バックナンバー

楽しむ

エンタメコラム
特選お役立ちコラム
中島麻希 信州FOOD記
成沢篤人 それはさておき、ひとまずワイン
横山タカ子 暮らしの調味料
東京アート日和
信州スポーツ
信州お天気手帖
イベント情報
イベント情報投稿
書籍・CDランキング
グローバルメニュー
  • 信毎デジタルパスポート
  • 信毎の本オンラインショップ
  • 信毎イベント&チケット
  • 信毎オリジナルグッズ